リサイクル店に着物を持って行く時に注意したい事

着物をリサイクル店に売る時に注意したい事がありますが、基本中の基本として状態を良くしておく事が望ましいと言えます。例えば汚れがある際にはクリーニングをしておく、シミがある際にはシミ抜きをするなどです。査定の際には隈なく状態を確認されますし、リサイクル価値が低いと判断された時には売れ難くなりますので事前のチェックをされておいた方が良いでしょう。因みに査定を受ける時には綺麗に畳んでおくのも案外大切なポイントです。丁寧に畳んである着物は印象が良いですし、好印象を持ってもらえた方が良い査定価格が付き易くなりますので、ぐちゃぐちゃの状態では出さない方が良いと言えます。 査定の際に重要視される証紙を忘れずに出すという事も覚えておくと良いでしょう。着物には証紙と呼ばれる端切れや紙切れが付いてきますが、着物の価値を証明する為の保証書のような役割があります。証紙の有無によって価値が変わったり、リサイクル店によっては買取の可否も左右される事がありますので、欠かさずに用意しておいた方が安心です。